【実家の宅地の登記簿を確認したところ地目が何故か“田”、固定資産納税通知書では“宅地”となっているのに?】

登記簿謄本

昭和40年代までに建築された自宅の地目で“田”のままのところが現存するケースがあります。何故“宅地”ではなく“田”でも当時の建築許可が下りたのかは解りません。 固定資産納税通知書は、登記地目ではなく現況地目で課税するため …

Read More »

【生命保険金も遺留分計算の対象】

遺留分

生命保険金は受取人が明記されておりますが、“遺留分の減殺請求”があった場合には、これも遺産総額に含めます。 “遺留分の減殺請求”は、通常弁護士を通じて行われます。財産目録を相手方弁護士へ送付した時点で、生命保険金がないこ …

Read More »

【税金かかっていなかった別荘地を親父から相続したけど、固定資産税の納税通知が来たのは何故?】

廃屋

町役場に確認したところ、「名義変更を契機として現地を確認したところ、税率の低い“山林”として登録されていましたが、現況は“原野”であったため税率が上がり課税対象となりました。」との回答。 固定資産税は、市区町村が課税額を …

Read More »