節税

80%が猶予されます(自社株の評価額・相続税)

経済産業省が推奨している、事業承継制度についてその概要をご説明します。 これは、中小企業者が自社株の相続税・贈与税の猶予を受けるための制度です。 後継者が株式を相続、または贈与された場合、相続税や贈与税を猶予しようという […]

平成28年度マイナンバー制度の導入に際して、勤務先からマイナンバー(個人番号)の提供を求められるとの事なのですが、具体的にはどういった流れなのでしょうか?

マイナンバーの通知 マイナンバー(個人番号)は、ご承知の通り、住民票記載の住所に簡易書留にて、通知カードの形で、送付されることになっています。 この12桁の番号は、外国人も含め、住民票コードを持つ全員に発行される唯一無二 […]

「保証人と連帯保証人」連帯保証債務は法定相続分で相続!?①

【生命保険戦略考】~会社を守る社長を守る家族を守る~vol.7 「保証人と連帯保証人」連帯保証債務は法定相続分で相続!?① みなさま、こんにちは。Linke運営事務局の生命保険コラム担当です。今回も非常に興味深いテーマで […]

今期だけ生命保険で節税対策をしたい!

【生命保険戦略考】~会社を守る社長を守る家族を守る~vol.6 ~今期だけ生命保険で節税対策をしたい!〜 決算期を控えるオーナー経営者のみなさまからたまに相談をされるのが、 「今期末大きな利益が見込めそうだから、何か生命 […]

~損金になる生命保険は本当に節税になるのか!? ③~ 

「生命保険戦略考~会社を守る。社長を守る。家族を守る。vol.5」 ~損金になる生命保険は本当に節税になるのか!? ③~    Linke運営事務局です。   前回このテーマについて、検証いたしました […]

~損金になる生命保険は本当に節税になるのか!? ①、②~

「生命保険戦略考~会社を守る。社長を守る。家族を守る。vol.4 」 ~損金になる生命保険は本当に節税になるのか!? ①、②~ Linke運営事務局です。 オーナー経営者のみなさまは、法人で保険にご加入される場合、保険料 […]

意外と知らない、相続税申告における「配偶者の税額軽減の特例」

意外と知らないのが、相続になった場合の基本的な計算方法! 相続税は、一般的に高いというのが世の中の一般的な常識ですが、後に残された家族への配慮がないというわけではありません。   ”相続税の配偶者の税額軽減”と […]

有利な利用方法:相続時精算課税

こんにちは。 顧問先の方から相続税に関してご質問が多いのは、「相続時精算課税」をどのように利用すれば有利なのでしょうか?というものです。 結論は、「値上がりが見込まれる財産」これを贈与することがポイントですね。とお答えし […]

慎重に:居住資産等の生前贈与(相続時精算課税)

 贈与税のなかに、「相続時精算課税の贈与」という制度があります。この制度は、相続時に贈与を受けた財産と相続した財産を合算して相続税額を計算するものです。贈与時には2,500万円の特別控除が有り、2,500万円を超えた額に […]

配偶者に対する相続税額の軽減

前回まで、相続税に関して「小規模宅地等の特例」について、お送りしました。今回は、配偶者に対する相続税額の軽減について、ご説明します。 配偶者に対する相続税額の軽減は、 配偶者が相続によって取得した財産の価額が1億6千万円 […]

相続:会社が利用している土地を相続するのですが?

よくある質問ですね。 亡くなったご親族(被相続人)が会社を経営していて、土地を貸している。この土地は相続でどうなるのか? 結論は、特定同族会社事業用宅地として80%減額評価します。 要件としては、被相続人等の持株割合が5 […]

相続:自宅と貸しアパートがあるのですが?

お父様が亡くなり、自宅を相続することになったお客様がいらっしゃいました。 ご自宅に相続税の相談にお伺いすると、自宅と同じ敷地に貸しアパートが建っていました。 自宅の敷地面積は180㎡、貸しアパートの分が120㎡、合計30 […]

自宅を相続しても相続税は掛かりますか?

ご主人や親御さんが亡くなり、相続人である奥様やご親族から、自宅の相続も相続税が掛かりますか?と言う質問をよく受けます。 答えは、自宅も土地建物は相続財産ですから、相続税の対象になります。 ただし、自宅の場合、次の条件を充 […]

『正しい贈与のススメ』贈与したはずが、いつのまにか相続財産にならない為の方法!! 

せっかくの贈与が、実は名義借り預金扱い!なんてことにならないよう、 煩わしくなくコストも安い、先々安心のできる“堂々贈与!”の方法をご紹介します。   □贈与するなら、正しいやり方を学ぼう! ご年配の方に「贈与はきちんと […]

本当に得なの?会社設立

 事業を始めるとき、会社を設立しなさい、経費が認められます。経営者自身の給与も経費ですよ。という説明をコンサルタントや税理士などから聞いて、会社設立して事業を始めることが多く見受けられます(これを以下法人化と言います)。 […]

節税対策の方法

【一】繰り延べ型の節税   ①短期前払費用 利益の出ている法人だと、「お金は先に払うから、その分経費で落ちないか」というような話がでます。通常、これからサービス等を受けるものに対する支払は、いくら先払いをしても「前払金」 […]

『内助の功』相続税の改正!!家族への税負担を軽くする、かなり有利な規定とは?

じつは相続税においても配偶者の優遇規定があります! 今回は相続税上の配偶者控除の話を。   ★相続税には、基礎控除っていう制度がありますがそれ以外に? はい。まず基礎控除についておさらいすると、夫婦と子供2人の […]

『結婚20年以上』の夫婦必見!!マイホームを活用した相続税対策とは?!

実は贈与税にも配偶者控除があります。   ★所得によって違いはあるの? 配偶者のパート収入が年間103万円を超えると、配偶者控除の対象外に、いわゆる扶養から外れることになります。いわゆる”103万円の壁”です。 […]

【税務調査の対象】家族との食事や趣味のゴルフは、社長や役員への給与(役員賞与)になります!!

税務における交際費とは?   税務において、交際費とは、得意先や仕入先など事業に関係する人への接待(飲食、ゴルフ等)や贈答(御中元、御歳暮等)などのために支出する費用のことをいいます。  ただし、従業員の慰安のための旅行 […]

「従業員の源泉徴収税」延滞税等が課税されない特例があるって本当??

みなさんご存知でしたか?? 従業員数が9人以下であれば、毎月源泉税を納めている方もこの特例を受けることで、万が一源泉税の納付が遅れても延滞税等が課税されません。 今回は給与等の支払いに際して源泉税を天引き徴収する「源泉徴 […]

『基礎控除の引下げ』一般のサラリーマン家庭であっても相続税の納税義務は発生するの??

今回は いよいよ来年から実施される、相続税制の大幅な変更について、特にいわゆる増税となる基礎控除額の引下げを中心にお話しします。   ★基礎控除額って? 現行では「5000万円+1000万円×法定相続人数」で求 […]

税務上は主婦のパート収入が年間103万円を超えると控除対象配偶者から外れる!

最近行政相談などに参加していると多い話題を!!   ★年末というと真っ先に頭に浮かぶのは年末調整 今回は年末になると気になる「扶養の範囲」について。 この時期行政相談を担当すると、ホントに多い質問の一つがコレ。 […]

【損金算入できる接待飲食費の範囲とは?】

法人税における交際費の取り扱いは、経済環境によって改正がたびたび行われてきました。資本金1億円超の企業は、長い間交際費は全額損金処理できませんでしたが、飲食業への消費拡大を支援するため、今年の4月開始事業年度から飲食費の […]

相続放棄と生命保険金

被相続人の債務が多く、相続をすると借金だけをかぶってしまう場合に相続放棄をすることで、借金をかぶる必要が無くなります。しかし、相続放棄は、相続を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、認められれば […]

居住用の土地等を相続した場合

平成27年1月1日の相続から、相続税が増税となることは様々な報道でご存知のことと思います。 しかし、居住用建物の敷地と事業用の建物の敷地等を相続する場合、適用される面積が拡大され相続税の課税価格が減額になる場合もあります […]

あなたはどうする?子や孫への教育資金の一括贈与

「終活」ブームと相まって今生前贈与が熱い話題です。そんな中、平成25年4月よりスタートしている「子や孫への教育資金の一括贈与の贈与税非課税制度」が注目を集めています。上手に利用すれば、豊かなシニア世代からなにかと出費のか […]