情宣活動

  さて、組合が団体交渉を求めているさなか、会社は営業を停止し従業員を解雇し、破産の申し立てをして開始決定が出た。破産申し立て前後におさまらない組合員らは、代表者の登記簿上の住所に行って、すで離婚していた妻に対 […]

フランチャイズ

  さて、パソコン教室のフランチャイズ契約をして、営業を始めたが営業不振により閉鎖。そこで経営者山野さんは、情報提供義務違反があったとして損害賠償請求をした。1545万。内容は、不合理な売上高告知、営業不振によ […]

キャリーバッグ事件

  さて、88歳の高齢者だが、井の頭線吉祥寺駅構内を歩行中、キャリーバッグが接触し、転倒・骨折、救急車で搬送され、5日 間入院した。   事故原因、態様が争点であったが、高齢者は相手に対し、治療費、入 […]

改正派遣業法施行

さて、重要な変更点がいくつかある。 1、すべての派遣事業が許可制になった2、雇用安定のための施策をとることが派遣元に義務付けられた3、キャリアアップのための施策をとることが義務付けられた4、業務単位から人単位に、派遣期間 […]

ヤミ金

  さて、最近、ヤミ金が増えてます。先日も、8人が逮捕され、延べ716人に対して5000万の貸付けをして、9か月間で3億円以上を回収したそうな。法定金利の520倍の利息。過去に借り入れをしたことのあるリストを入 […]

ワタミの過労自殺

  森美菜さん当時26歳が、過労が原因で適応障害を起こし、自殺に追い込まれた事件で、ワタミは1億3千万払う和解が 成立した。4月に入社し、6月に自殺。休日がほとんどないまま、午後から早朝にかけて 長時間勤務が続 […]

グーグル削除

  さて、グーグルで検索すると12年前の逮捕報道が表示されるのは、プライバシーの侵害として、札幌の男性が、削除の仮処分を求めた。札幌地裁は、グーグルに対し、削除を命じる決定を出した。男性は、2003年に、事件の […]

医療過誤5つのエピソード

  さて、1、60代の主婦が、右足が痛み出してクリニックを受診。医師は確定診断を下さず、経過観察。翌日、激しい動悸に襲われ、別の病院に救急搬送。そこで、壊死性筋膜炎と診断された。1ヵ月半後に、両手足の指すべてを […]

マイナンバー訴訟に

  さて、マイナンバー制度が、個人情報漏えいの危険性が高く、憲法が保障するプライバシー権を侵害するとして、国に対し、個人番号の収集利用の差し止めをを求める訴えが提起された。具体的な理由をいくつか挙げると、マイナ […]

宗教法人

  さて、赤坂に、金沢に本院がある宗教法人が作った5階建ての納骨堂がある。3700基を収容できるのでかなり大きい。ICカードをかざすと、納骨庫から骨壷などが出て来る仕掛け。掃除もいらず夜9時までお参りできる。1 […]

菊地さんの無罪について

  さて、無罪判決が出ました。 裁判所は、菊地さんは劇物を運んだことは承知していましたが、 それを使って毒ガスや爆発物を大量製造することまで 認識していたとは認められないとしました。   菊地さんは、教団が危機的状況にあ […]

ホステスは労働者なのか

 ホステス・ホストは労働者か、委託か。 判断基準は、使用従属性にある。 ・仕事の依頼、業務の指示に対する許諾の自由の有無・業務の内容、遂行方法に対する指揮命令の有無・勤務場所、時間についての指定、管理の有無例えば、業務指 […]

生活困窮者自立支援法

  さて、4月から、生活保護を補うものとして、生活困窮者自立支援法が始まっている。どんな支援があるかというと、自立相談支援事業  困り事や不安に対し、相談支援員と一緒に支援プランを作成する。住居確保給付金の支給 […]

『国家権力と表現の自由』

  さて、こんな控訴審の判決があった。上告は棄却されている。細かい話は捨象するが、福岡県警が、防犯協議会を構成するコンビニ各社に対し、、暴力団を美化・擁護するような書籍・雑誌などの撤去を要請し、撤去された。これ […]

『退職者の競業許容範囲』不法行為にあたる競業避止義務はとは?

  さて、マンションの管理会社が民事再生に入った。再生計画認可は出たが、かねて不満を持っていた従業員数名が退職し、新たに管理会社を立ち上げた。彼らは、かっての得意先である管理組合の切り崩しにかかった。 しかし、 […]

幼児の死亡事故

  さて、幼児1歳が保育園で急死した。死因が問題になった。窒息死か原因不明の病死か乳幼児突然死症候群か窒息死だと保育園の責任になる。裁判官は、事故時前後の状況、医学的所見、解剖結果など総合的に判断し、死因は、乳 […]

『知っておいたほうが良い』バイト・パートのガイドライン!

  さて、バイト・パートについてのアバウトなガイドラインバイトとパートは同じです。1、バイトとパートの場合 勤務に際し、労働条件通知書をもらおう。・労働契約の期間・仕事の場所・内容・勤務時間・残業の有無・休憩時 […]

婚姻費用

  さて、男性が、すでに前審判で確定している婚費10万の減額を求めて、調停を起こした。審判に移行した。家裁は、年収が485万から、424万に減少したことを理由に、7万に減額する審判を出した。女性は、これを不満と […]

死者の秘密保護

    さて、川島なお美さんの死亡経緯などについて、セカンドオピニオンであった近藤誠医師が、治療経過や相談内容を公表したことが問題になった。医師には守秘義務が課せられており、刑法で罰則規定がある。業務 […]

『病院内での事故を調査』新しく医療事故調査制度がスタート!

    さて、医療事故調査制度がスタートした。10月から、病医院や助産所で、予期せぬ死亡事故が発生した場合、第三者機関への報告と、事故の原因究明・再発防止を目的とした院内調査の実施が義務ずけられている […]

労働審判

    残業代の相談がひところよくあった。 使用者に通知しても、折り合いがつかない時は、労働審判を申し立てることがほとんどだったな。 残業代の時効は2年だから、早く動かないとな。   さて、 […]

最低賃金法

  さて、最低賃金法が10月1日から改定された。東京は、888円から907円にあがった。最低賃金に達しない労働契約をしても、その部分は無効で差額分を払う事になる。また、下回った場合は罰則が設けられている。1、最 […]

いじめ・嫌がらせ相談急増

相談急増   さて、労働局の相談は、解雇を大きく引き離していまやいじめ・嫌がらせがトップ。厚労省のパワハラの定義は、同じ職場で働く人に対し、優位な立場にある人が、業務の適正な範囲を超えて具体的、精神的な苦痛を与 […]

子供の迷惑行為・事例

事例   さて、夫婦がマンションを賃借した。 当然のことながら、契約には、近隣迷惑行為、使用規則違反 などを禁止し、解除原因とする約定がある。子供は6歳。子供は、他の部屋のドアにマニキュアをつけたり、廊下で大便 […]

『親の責任とは何か?』監督義務違反による不法行為!

1つ事例を紹介します。   さて、11歳の小学生が、放課後サッカーに興じていたが、ゴール目がけて蹴ったボールが道路に出た。そこに自動二輪で通りかかった山崎さん(85)が、ボールを避けようとして転倒し、その後、死亡するに至 […]

マンション説明義務違反

  さて、五甲建設からマンションを購入した千葉さんら12名は、五甲建設が隣地にマンションの建設を始めたことで、日照阻害が生じ、人格権、財産権が侵害されることを理由にマンション工事の差し止めと説明義務違反による損 […]

自転車事故

  さて、阿部さん運転の自転車が、横断歩道を歩行中の長島 (75女性)にぶつかり、長島さんは転倒した。長島さんは、救急搬送されたが、意識レベルが低下したため手術をおこなうも、5日後に死亡した。遺族は、損害賠償を […]

歯科過誤

  就職前のお嬢さん、左奥歯に痛みがあったので診断を受けた。親知らずの周囲で   炎症が起きているという。抜歯手術をしたが、しびれや痛みが抜けなかった。   2ヶ月後、クリニックを尋ねたとこ […]

おひとりさまの備え〜死後委任事務の依頼について

おひとりさまの備え   老後の生活設計を立て、必要ならば高齢者マンション等への住み替えを検討する。 病気になったときの備えとして、見守りをお願いする。 葬式や墓、その他死後に備えて、しかるべき人物に死後の委任事 […]