『借金問題でお悩みの方』必見!!債権者からの取り立てや請求は債務整理によってストップ出来ます!

146 read.
7b42235ce5b8b41d3bbf2c0f36fc2af8_m

司法書士の仕事の中に債務整理の仕事があります。

 返済に困って債務整理依頼してくるわけですから、当然いろいろな問題を抱えているはずです。純粋に借金だけの問題であれば、司法書士に依頼すれば取りあえず債権者からの請求がなくなるので、また例えば返済の和解が成立するまでは返済しなくてもよいので精神的にかなり楽になります。

 ところが、そうでない場合が多いようで、借金以外にもいろいろな悩みがあり、離婚問題、子供の問題などもあるのでしょう。借金を家族に内緒という問題もあります。できたら、借金の事だけでなく、悩み全部を話してもらえた方がより良い解決になる場合が多いと思います。

メールがきっかけで受託した人の話です。

受託票以外にはその人の情報がありません。受託してからもほとんど進展なしです。債権者からもどうなっているのか問い合わせが出てきます。そんななか、どういう状況か現況を知らせてもらいたいとのメールを送ったことに対する返事が考え中なので待ってもらいたいとの返信でした。

以下はさらに私のメールです

私は待てますが債権者が待ってくれるかどうかはわかりません
債権者としてはIさんがどのような状態かが問題なのです。
情況がわからないとふつうは訴訟を起こしてきます。
そうさせないためには、Iさんの状況を債権者に知らせることです。
給料が減額になったとか失業中であるとか病気であるとか
返済できない状況を知らせるのです。
それも単に病気であるだけではなく、その回復の見通しも知らせるのです。
そうすると、通常であればその回復まで待ってくれます。
就職活動中であればその活動内容により、就職決定の見通しを知らせるのです。

そういった情報を知らせてください。
そういったことが私にわからないとただ状況は分かりませんとしか答えることしかできません。
そんな状態だったら「先生辞任してくださいよ」となります。

Iさんの状態がわかっていたら今Iさんはこんな状態で大変だから何とか回復するまで待ってくださいよと弁護することもできます。
今Iさん考えていると言いますが何を考えているのでしょうか。
債務整理の方法、一応再生で受任していますが、債権者と和解して返済することを考えているのでしょうか。
再生も無理で破産を考えているのでしょうか。
誰か資金的に援助してくれる人のことを考えているのでしょうか。
転職を考えているのでしょうか。

そういったことについてもアドバイスするのが私の仕事です。

どうか一人で悩まないで気軽に相談してください。

 

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。