相続放棄と生命保険金

139 read.
彼岸花

被相続人の債務が多く、相続をすると借金だけをかぶってしまう場合に相続放棄をすることで、借金をかぶる必要が無くなります。しかし、相続放棄は、相続を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、認められればその相続についてはじめから相続人ではなかったものとみなされる制度です。

 相続放棄することにより、借金などマイナスの財産は引き継ぐ必要はなくなりますが、同時にプラスの財産も相続できなくなります。

 しかし、生命保険金は相続の発生によって相続人に支払われるものであるため、本来の相続財産とはならず、相続税の課税対象である「みなし相続財産」となります。

 このため、相続放棄した場合でも、自分が受取人となっている保険金は受け取ることが可能ですが、この場合は「相続」ではなく「遺贈」となるため相続税の計算の際は、遺贈により取得した財産として相続税を計算します。このため、相続税の基礎控除や配偶者の相続税の軽減などは適用できますが、相続放棄して遺贈により取得した保険金の場合、生命保険の非課税枠である「500万円×法定相続人数」は適用できません。

 負債が多く、債権者の追及から逃れるためにやむを得ず「相続放棄」を行う場合は、相続税の申告も必要ないかもしれませんが、「相続放棄」を行うことは、債務から逃れる場合だけでなく、すでに被相続人から充分な財産を生前受けており相続に当たっては、他の相続人に相続財産を引き継いでもらいたいとの思いで、遺産分割協議に加わらず他の相続人が自由に協議を行ってもらいたいなどの考えから「相続放棄」を行うケースもあり、相続放棄をした社が生命保険金を受領すると相続税の申告が必要のケースも生じます。

 生命保険金は契約者(保険料負担者)及び被保険者が被相続人で、保険金受取人が相続人の場合は、上記のようになりますが、契約者(保険料負担者)及び保険金受取人が相続人の場合は一時所得となります。また、契約者(保険料負担者)が保険金受取人以外の者(被相続人、法人を除く)の場合は贈与税の対象となりますのでご注意ください。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。