配偶者特別控除

44 read.
lgf01a201409071100

明日の夕方は皆既月食なんですね。

部分月食の始まり 18時15分
皆既月食の始まり 19時25分
皆既月食の終わり 20時25分
部分月食の終わり 21時35分

と、結構長く見れそうなので
携帯スマホで下を向きがちな首や視線を
少し上げてみませんか。

さて、今回は【配偶者特別控除】に関するお話です。

よく言われる103万円の壁は、
給与収入の場合、
配偶者控除38万円+給与所得控除65万円の
合計額103万円からきています。

これを超えたら、即座に控除が無くなるのかというと
そういう訳ではありません。

配偶者控除の適用が受けられないときでも、
一定の要件を満たす場合、
配偶者の所得金額に応じて、一定の金額の所得控除が受けられる場合があります。
これを配偶者特別控除といいます。

配偶者特別控除は
ご本人の収入金額に応じて

103万円を超え105万円未満 38万円
105万円以上110万円未満	36万円
110万円以上115万円未満	31万円
115万円以上120万円未満	26万円
120万円以上125万円未満	21万円
125万円以上130万円未満	16万円
130万円以上135万円未満	11万円
135万円以上140万円未満	6万円
140万円以上141万円未満	3万円
141万円以上	0円

と細かく区分けされています。

配偶者控除の制度自体の見直しも始まっていますが、
労働人口が減少する中で
働き手に優しい社会に少しでも近づいていけばいいですね。
Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。