個人再生手続きで住宅(マイホーム)を守る事が出来ます!!

86 read.
CIMG0211

個人再生を簡単に言うと

債務額の一部を免除しつつ長期的(原則3年)に負担を減らした弁済計画を立て、返済するというものです。

更に個人再生最大の利点は「住宅を守れる」ことにあります(適用の可否は要確認)。

自己破産などでは、自宅を手放さなければなりませんが、個人再生では住宅ローンはそのまま、その他の借金を大幅に減らすことが可能です。 

手続き方法

裁判所へ申立てをして、認可決定を受けたあと弁済計画に沿って支払えば終了です。

個人再生は破産を回避するための制度です。

しっかりとした返済計画や細かい諸条件がありますので、まずは無料相談で適用が出来るかご相談ください。

早期の相談が解決への最短ルートです。

・個人再生イメージ

相談時負債状況=住宅ローン3000万円(月々12万円の支払い)
            その他負債400万円(月々10万円の支払い)

個人再生適用後=住宅ローン変わらず
            その他の負債100万円(月々3万円の支払い)

注)個人再生は住宅ローン以外の負債を原則1/5とします(下限は100万円)
  ただし、負債金額や資産状況により変動することがありますので、必ずご確認ください。


当事務所では個人・法人問わず相談を受け付けております!

不明点や疑問点は、私たち専門家へなんでもご相談ください。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。