スマホ操作中の自転車と歩行者の事故での,過失割合はどうなりますか。

768 read.
a1180_015157_m

スマホ操作中は当然片手運転となります。その場合には,ハンドル・ブレーキ操作が困難あるいは,不可能となることから,歩行者に対する自転車の過失は大きなものとなります。
さらに,仮に,夜間・無灯火ということになれば歩行者としては防ぎようがなく,歩行者には過失がないという結論になります。

なお,自転車事故(自転車対歩行者,自転車同士の事故)も侮れません。死亡や高次脳機能障害を含む重傷事例も毎年多発しており,特に重傷事例は増加傾向にあります。

 

1 自転車運転安全のためのルール

ルールとしては,スマホ中は片手運転となるので,道路交通法上では,安全運転義務違反となります。その結果,警察からの摘発の対象となります。

 

2 損害賠償においての過失の評価

スマホ操作中により片手運転となれば,前方への注意力も落ちて咄嗟にハンドルやブレーキを操作することができにくいか,できない,と考えられます。そこで,操作中であることが分かれば,過失が推定されるといえます。
なお,スマホを携帯しているだけで,操作をしていなければ(片手運転をしていなければ)過失の問題にはなりません。

 

3 自転車対歩行者の過失割合

歩道,あるいは路側帯は歩行者のための安全地帯です。
そこでの片手運転については,自転車側の過失のみとなり,歩行者は通常は過失相殺をされることはないと考えます。

歩道,路側帯もないような,そして自動車があまり通らない道路での事故において一般論として歩行者の動きによっては歩行者の過失も多少あるとは考えられます。急に自転車に向かって飛び出す結果となってしまったような場合などです。

しかし,スマホ操作中であれば歩行者の発見も遅れ,発見したとしても急ブレーキを咄嗟にかけたりハンドルで回避することもできなくなります。その結果として,歩行者が仮に道路の端ではなくて中央付近にいたとしても自転車を避けることはできないので,歩行者に全く過失がないといえそうです。

 

4 スマホ操作中の過失

 

つまり,スマホ操作中だから,前方への注意力が落ちて発見が遅れ,事故を回避する措置が執れなくなるというロジックで過失を認定していきます。

道路幅が3.2メートルという細い道で,勾配が100分の10という急坂の事故で時速約20キロで夜間無灯火の自転車が,携帯電話操作中に歩行者に衝突した事故では100%自転車に過失があると判断された判決例があります(横浜地裁平成22年4月14日判決)。
判決は,携帯電話についての明言をしているものではないのですが,片手運転になってしまうことによる危険性を指摘しています。
今ブームのポケモンGOを自転車運転中にやるのは,やめましょう。

 

5 スマホしながら運転の恐怖

毎日新聞2016年4月13日西部朝刊によれば,次のような現状です。

携帯電話やスマートフォン(スマホ)を使いながら自転車を運転して発生した交通事故が,過去5年間で800件を超えていることが警察庁のまとめで分かった。遮断機が下りた踏切に棒を折って侵入し,はねられるなど死亡した例も4件あった。日本自動車連盟(JAF)の実験では視野が狭まり,加害者になる可能性も高い。福岡市では小学校の児童がチラシ配りをするなど,危険性を周知するための啓発活動が広がる。
警察庁によると,全国の交通事故のうち,携帯電話やスマホを使用した自転車の運転者が被害者や加害者になった事例は2011年は154件。12年209件▽13年158件▽14年166件▽15年128件−−と推移し15年までの5年間で815件起きた。

このうち死亡事故は4件で,いずれも自転車側が被害者だった。京都市では13年3月,自転車の女性が電車にはねられ死亡した。遮断機は下りていたが,イヤホンをつけて音楽を聴きスマホの画面を操作しながら運転しており,棒を折って踏切内に入った。同じ3月,東京都町田市の踏切で,携帯電話を使用しながら自転車を運転していた女性が電車にはねられ死亡。同9月には滋賀県近江八幡市,15年8月には青森市で,いずれも携帯電話やスマホで通話中の男性が車にはねられ死亡した。」

自動車対自動車の事故は,減少気味です。自動車対歩行者においては,被害者が高齢者である事例,特に死亡・重傷であるものが現状維持であるか,減りそうにはない傾向です。
そして,現在では,自転車事故が問題となっています。
ここでは,自転車事故とは,自転車が加害者となる場合とすると,自転車対歩行者,自転車同士といったものです。
自動車と比べると,軽症であるか,怪我なしが,幸いにして多数を占めていますが,死亡あるいは高次脳機能障害を含めた重傷事例も存在し,重傷事例については骨折を含めると増加傾向にあります。
そして,自転車には免許制度がなく,自賠責保険のような強制保険がないこと,自賠法の適用がないことから,自動車事故とは勝手が違い,紛争となる事例も増加しています。

最近では,ポケモンGOのブームで再び自転車事故は自転車運転者の自爆事故も含めると増加する火種となりかねません。

 

さて,このたび自転車事故に関しての概説書を執筆いたしました。
自転車事故については,今まで全体をカバーする本がありませんでした。
ありそうでなかったというのが自転車事故の本です。
どうか,書店あるいはアマゾン等の通販でお手に取ってみてください。あるいは,多少私の事務所にも在庫がありますので,ご連絡ください。

「ごめんじゃすまない! 自転車の事故」

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

 

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

 

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。