キャリーバッグ事件

78 read.
dc36475f2b22754f4aa33fa0aa33ef6a_s

 

さて、88歳の高齢者だが、井の頭線吉祥寺駅構内を歩行中、

キャリーバッグが接触し、転倒・骨折、救急車で搬送され、5日

間入院した。

 

事故原因、態様が争点であったが、高齢者は

相手に対し、治療費、入院雑費、通院交通費、めがね修理代、

入通院慰謝料など、168万を請求した。


相手は、事故原因を争ったが、裁判官は、駅構内のような

人通りの多い場所でキャリーバッグを使用する場合には

、他の歩行者の歩行を妨げたり、それにつまづいて転倒させ

ることがないよう注意すべき義務を負うところ、本件では

注意義務に違反するとして、注意義務を認めた。


認定額は143万、そこから過失相殺25%、受領した保険金

15万を控除した103万の支払いを命じた。



よくありそうな話だ。

 

事故は多数発生しているようだが、判決として出たのはこれが

初めてかな。

僕にも経験がある。


急に立ち止ったので、ぶつかったことがある。

すいませんとは言わなかったな。

まあ文句も言わなかったが。


Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。