グーグル削除

11 read.
dc36475f2b22754f4aa33fa0aa33ef6a_s

 

さて、グーグルで検索すると12年前の逮捕報道が表示されるのは、

プライバシーの侵害として、札幌の男性が、削除の仮処分を求めた。


札幌地裁は、グーグルに対し、削除を命じる決定を出した。


男性は、2003年に、事件の容疑者として逮捕され、罰金20万の

略式命令を受けている。


新聞記事が、ネットの掲示板に転載された。



札幌地裁は、12年以上経過している男性の犯歴をネット上で明らか

にすることは、公共の利益にかなうとはいえないとした。


グーグルは、公共の利益を理由に、掲載の正当性を主張したのだろう

が、社会復帰の妨げになるこというまでもない。

社会的ないじめになる。


犯歴に限らず、個人情報については、個人のコントロール権を尊重

しないと、多くの人が、ネット社会の犠牲者になってしまうな。


ヨーロッパでは、削除がどんどん進められているらしいが、人権後

進国の日本では、さっぱりだな。

 

日本では、2件先発の案件があったかな。

いずれも、グーグルが負けてる。



死後の問題もあるが、またの機会に。


Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。