マイナンバー訴訟に

10 read.
dc36475f2b22754f4aa33fa0aa33ef6a_s

 

さて、マイナンバー制度が、個人情報漏えいの危険性が高く、憲法が

保障するプライバシー権を侵害するとして、国に対し、個人番号の収集

利用の差し止めをを求める訴えが提起された。


具体的な理由をいくつか挙げると、

マイナンバー制度に対する行政機関や民間企業の安全対策は不十分

で、税や社会保障に関する個人情報漏えいの危険性が高いこと。

個人番号カードの不正取得や偽造で他人が本人に成り済まし、借金す

るなどの弊害も生じ得る。

国に監視されていると感じ、自由な行動が自粛される。

プライバシーの侵害を受忍させるだけの制度の必要性は存在しない。

自分の情報をコントロールできる権利を侵害している。

勝手に番号を割り振られ、拒否すらできない。この怒りは、言葉で説明

できない。

番号は、必ず漏れるし、悪用する人も出る、今のうちに止めないといけ

ない。


など、いろいろな意見がある。


過去に、住基ネットをめぐって同種の訴訟があったが、最高裁は200

8年制度やシステムに不備はなく、プライバシー権を侵害しないと判断

している。



情報は漏れるだろうな。


サイバー攻撃を防ぐ切れないからな。


漏れることを前提に、対処法をセットで考えないとな。


Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。