『病院内での事故を調査』新しく医療事故調査制度がスタート!

44 read.
ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_m

 

 

さて、医療事故調査制度がスタートした。

10月から、病医院や助産所で、予期せぬ死亡事故が発生した

場合、第三者機関への報告と、事故の原因究明・再発防止を目的とした院内調査の実施が義務ずけられている。


病院内で死亡事故が発生した場合、施設の管理者、院長であろうが、医療に起因する予期せぬ死亡事故であるか否かを判断する。


該当すると判断した場合、遺族に対し、事実経過と事故調査制度の概要を説明、及び調査計画を説明する。

他方、第三者機関に報告する。


その後、院内調査を実施するが、調査の中立性、透明性、公平性を確保するため、外部の支援団体のサポートを受ける。


院内調査の終了後、遺族に口頭か書面、もしくは両方で説明をする。

 

第三者機関には、報告書を提出する。


院内調査費用は、当然のことながら病院が負担する。


遺族が、院内調査の結果を不十分と判断した場合は、第三者機関に、再調査を依頼することができる。


第三者機関が、再調査を実施した場合、その調査報告書は、遺族と病院に渡される。



総論的には、上記の通りであって、これまで隠されてきた密室での過誤事案が、減少することになるだろう。



刑事の取り調べもそうであるが、手術もすべて可視化するべきであろう。

あとでチェックができるように。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。