いじめ・嫌がらせ相談急増

34 read.
6a1646b7400953c3cf5231ec0f10ffb3_s

相談急増

 

さて、労働局の相談は、解雇を大きく引き離していまやいじめ・嫌がら

せがトップ。


厚労省のパワハラの定義は、同じ職場で働く人に対し、優位な立場に

ある人が、業務の適正な範囲を超えて具体的、精神的な苦痛を与える

行為とする。


類型を提示している。


1、暴行など身体的な攻撃

2、暴言、脅迫など精神的な攻撃

3、無視など人間関係の切り離し

4、遂行不能な業務の強制など過大な要求

5、能力に見合わない仕事を命じる、仕事を与えないなど過少な要求

6、プライベートに過度に立ち入る個の侵害



とはいっても、具体的な場面では、業務上の指導との違いをはっきり

させることは難しい。


こんな例はわかるけどね。

1、大声で罵倒、机を叩くなど威嚇行為

2、大勢の前で見せしめのように叱る

3、役立たず、子供かなど人格否定

4、給料泥棒、会社辞めろなど雇用を脅かす言動

5、業務を教えない、能力に見合わない業務をさせる



人を使うってほんとに難しい世の中になってきましたね。

悪気はないのに、悪くとられたらどうしようか。


Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。