『親の責任とは何か?』監督義務違反による不法行為!

85 read.
b4b2eeff198b2c0347c701c0ea3be6a8_s

1つ事例を紹介します。

 

さて、11歳の小学生が、放課後サッカーに興じていたが、

ゴール目がけて蹴ったボールが道路に出た。

そこに自動二輪で通りかかった山崎さん(85)が、ボールを

避けようとして転倒し、その後、死亡するに至った。



少年は、責任を弁識する能力がないため、監督義務者として

親が訴えられた。

親は、危険な行為に及ばないように日ごろから通常のしつけをしたと主張した。


一審、二審は、親の責任を認めた。

損害額1184万円。


ところで、

監督義務者の責任の性質であるが、監督義務違反による不法行為として、自己責任とされている。

監督義務違反の内容については、違法行為がなされる予防についての過失ではなく、
責任無能力者の行為についての一般的な監督行為を怠ることを意味するとされ、
広範囲に及んでおり、監督義務者が、その義務を怠らなかった等の免責事由の立証責任が監督義務者の負担とされるため、責任が相当加重されている。


さて、最高裁は、本件の少年の行為態様、客観的な状況、監督義務者の対応などの諸事情を検討し、ゴールに向けてボールを蹴ったとしても、道路に出ることが常態であったものとは見られず、通常は人身に危険が及ぶものとは見られない事、親権者は日ごろから通状のしつけをしており、また本件で具体的に予見可能であったとうかがわれないことから、親権者の責任を否定した。



これまで、親権者の免責を認めた事例はなく、これが初めてである。



よくある状況だと思うが、そうすると、やられ損になってしまうから、立法の手当てが必要になる。

 

だれにも責任を追及できない場合の損害を、国民全員が負担する仕組み、精神障害者の事件や無保険車両の賠償制度のような仕組みが必要になる。



Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。