意外と知らない、相続税申告における「配偶者の税額軽減の特例」

37 read.
d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_s

意外と知らないのが、相続になった場合の基本的な計算方法!

相続税は、一般的に高いというのが世の中の一般的な常識ですが、後に残された家族への配慮がないというわけではありません。

 

”相続税の配偶者の税額軽減”とは、配偶者(夫または妻)の夫婦財産形成への貢献の観点から税負担を軽減する制度で、

配偶者が相続した相続財産のうち、

1億6,000万円,または法定相続分まで相続税が免除される
という制度です。

 

つまり配偶者と子供2人という家族構成で、1億6,000万円の財産をもっている場合、配偶者に全財産を相続させれば、相続税はかからない。

または100億円の財産をもっている場合、50億円を配偶者に相続させれば
配偶者分の50億円分は相続税がかからないということです。

 

長年連れだった連れ合いとの絆の強さを感じます。

代表的な家族構成で考えてみましたが、数字が大きければ大きいほど、その効果が絶大であることが分かると思います。

長年連れ添った人への敬意、愛情といったカタチのないものが、カタチとなる
瞬間でもあります。数字で評価するなんてとんでもないなんて意見もあろうかと思いますが、ここは、相続という儀式にかかる費用を計算する上で必要不可欠なもの、とお考え下さい。

財産を残す、すると場合によっては税金が多額発生する。この理不尽ときっちり向き合わなければなりません。一つの側面から、「やった儲け」、
などと浮かれていると思わぬ落とし穴にはまることになります。
いろいろな意見に一喜一憂するのではなく、じっくりと専門家の意見に耳を傾けることも時には必要となるのは避けられない、と知っておきましょう。

 

ただし、その後その配偶者から子供などに相続する時は相続税がかかる
ので、その後の相続(2次相続)のことも考える必要があります。

 

特例というものは、利用できるものならば、その恩恵に積極的に与ることが必要です。 「知っている」と「知っていない」では、天と地の差があるものなのです。

相続税は、雲の上のことと思っていたのは以前のこと。

残される人達のことを真剣に考えてあげる優しさが無駄な税金を支払わずにすむ処方箋です。ジェネリック薬品を堂々と使用することは家族単位で物事を考えれば当然のこと、いや、国の単位であればなおさらのことです。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。