有利な利用方法:相続時精算課税

43 read.
fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_m

こんにちは。

顧問先の方から相続税に関してご質問が多いのは、「相続時精算課税」をどのように利用すれば有利なのでしょうか?
というものです。

結論は、「値上がりが見込まれる財産」これを贈与することがポイントですね。とお答えします。
「相続時精算課税」で取得した財産は、相続税法の特例、「小規模宅地等の減額」が認められないので、生前贈与は有利となることはない。ということを以前のコラムに書きました。

このことから、相続税法上の特例等の適用が出来ない財産で、値上がりが見込まれる財産を贈与すること。その際に「相続時精算課税」を選択することが有利になります。

何故か?「相続時精算課税」を選択した財産は、贈与が行われたときの評価額で相続時も評価されるからです。
市街化区域に編入予定の土地などがあればこれは確実に相続時の評価額は上昇しますよね。このような土地は生前贈与を行い、「相続時精算課税」を選択すると、相続時に、値上がり分の評価額が減額されます。

「相続時精算課税」を選択するときに注意すべきは、父親などから贈与された財産について「相続時精算課税」を一度選択すると、以後、その人から受ける贈与はすべて「相続時精算課税」が適用されると言うことです。
「相続時精算課税」は2,500万円までの特別控除があります。この控除を利用して、2,500万円に達するまでの財産を「相続時精算課税」を利用し、2,500万円を超える部分は暦年課税、という選択は出来ません。

以上のように相続する財産のなかに確実に値上がりするものがあり、その財産が相続税の特例の対象外であれば、「相続税精算課税」を有利に利用する可能性もあります。

毎回申し上げているように、相続税・贈与税は財産の評価が必要です。贈与を決める前に、専門家に相談されることをお勧めします。

 

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。