亡くなった父が住んでいた実家の借地権、地主に無償で返還すべきですか?

377 read.
1925dd948ae93a15ad0b5f4b8b72223b_s

最近、世田谷区の実家で一人住まいをしていた父が亡くなりました。

実家には、父名義の建物はありますが、敷地は地主から借り、地代を支払っておりました

父の相続人は私一人ですが、数年前、国立にマンションを買い妻や子供と住んでおり、実家に戻るつもりはありません。

父が亡くなったので、実家の借地権は、地主に無償で返すべきなのでしょうか。

 

 

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

 

借地権も相続の対象となります。

したがって、お父様の相続人であるあなたは、

地主にこの借地権を無償で返還する必要はありません

あなたが、この土地の借地権者であることを第三者に対し主張するには、

まず、お父様からあなたへの地上建物の相続登記をしておく必要があります。

 

しかし、借地権者となる以上、地代は当然地主に支払い続けなければなりません。

購入したマンションの住宅ローンや子供の教育費の負担などで、地代を支払う余裕がない場合はどうすればよいでしょうか。

 

①地主に借地権を買い上げてくれるよう申し入れをする

地主が借地権者からの申し入れを承諾すれば、住宅地の借地権割合が更地価格の何割かについては、国税庁のホームページの路線価図を検索すれば出ておりますので、それを参考に借地権の売買価格の交渉をすることになります。

しかし、借地権者は地主に借地権を買い上げてもらう権利を持っているわけではありませんので、地主から買い上げを拒否されたり、価格の折り合いがつかなければそれまでです。

 

②借地上のあなた名義にした建物を、第三者に賃貸し、第三者から受領した賃料で地主へ地代を支払い、借地権を所持していく

一般的に、建物の賃料は敷地の地代より高額ですから、その差益はあなたの副収入になります。なお、地上建物を第三者に賃貸することは、借地権の転貸借には該当しませんので、地主の承諾は必要とせず自由にできます。

 

③借地権をあなたから対価を支払い買い受けてくれる第三者がいれば、地主に対し承諾料を支払い、地主の承諾を得て、借地権を第三者に譲渡をする

もし、地主が、第三者が借地権を取得することになっても不利になるおそれもないにもかかわらず、借地権の譲渡を承諾しない場合は、裁判所に対し、地主の承諾に代わる許可を求める裁判を申し立てることにより、第三者への譲渡が可能となります。

 

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。