従姉が亡くなりましたが相続人がいません。従姉の遺産はどうなりますか?

113 read.
7385ba5b398d51d97b83837512c7bd71_s

先日、近所に住む従姉(いとこ)が老衰で死亡しました。

その従姉とは、親同士が仲が良かったこともあり、幼いときから親しく付き合っていて、実の姉弟のような関係でした。従姉の晩年は、病気がちになり、そのため、色々と世話を焼いたりしました。

最後に入院した医療費や葬儀費用は、従姉の預金口座が凍結されたため、私の方で支払いました

従姉は、両親から相続した不動産と、自身、結構な高給取りで、預金や株式など結構な財産を蓄えていましたので、私が支払った費用を遺産から支払ってもらいたいと考えていますが、その従姉には子どもも、兄弟もいません。もちろん両親もずっと前に他界しています。

私は、血のつながりはありますが、法定相続人ではありませんし、他に法定相続人はいません

このような場合、

①私が支払った従姉の医療費等の費用はどうなってしまうのでしょうか。

また、

②従姉の遺産はどうなってしまうのでしょうか。

なお、遺言書はありません。

 

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 

このような相続人が全くおらず、かつ、遺言書がない場合

あなたが支払った、従姉の医療費や葬儀費用を従姉の遺産から支払ってもらいたいということであれば、

お亡くなりになった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に

相続財産管理人選任の審判の申立

を行って下さい。

そのような申立がなされ、家庭裁判所が相当と認めるときには、相続財産管理人が選任されます。

相続財産管理人は、従姉の遺産の管理と清算を行い、最終的には、遺産を国庫に帰属させます。

あなたとしては、選任された相続財産管理人に、あなたが従姉のために支払った費用の支払を請求して、相続財産管理人において資料を精査した上で相当ということであれば、その費用を支払ってもらえます。

 

また、あなたと、従姉が、幼いときから親しくして付き合っていて、実の姉弟のような関係で、従姉の晩年には色々と世話を焼いていた、ということですので、

 民法958条の3第1項の「被相続人と特別の縁故があった者」、すなわち、特別縁故者に該当する可能性があります。

 特別縁故者とは、被相続人と生計を同じくしていた者被相続人の療養看護に努めた者その他被相続人と特別の縁故があった者をいいます。

 この手続は、相続財産管理人が選任され、相続人捜索の公告(民法958条)期間満了後3か月以内に、相続財産管理人を選任したのと同じ家庭裁判所に特別縁故者に対する相続財産分の審判申立をします

この申立をして、家庭裁判所が相当と認めたときには、清算後残存すべき相続財産の全部又は一部が分与されます。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。