駐車場内における車両と歩行者の事故の過失割合は,どうなりますか。

720 read.
ff0bcedc6f011ec243771cb96ef955ec_s

駐車場は,車両のみならず乗降する人の往来があるところでもあります。

とりわけスーパー,商店街に付設されている駐車場あるいはサービスエリア等の駐車場は,歩行者にとり極めて危険な場所でもあります。
したがって,駐車場内で通路を走行したり,あるいは,駐車区画(スペース)から発進する車両には,左右・前後の安全を確認する義務が課せられております。
そのことから,一般的には事故が起こった場合には,車両は歩行者に比べて重い責任を負い80ないし90%(あるいはそれ以上)の過失となる可能性も大きいと言えます。
なお,100%の責任ではないのは,それだけ危険な場所であることから,歩行者にも安全確認義務が一定程度あると言うことです。
最近の裁判例を見ましょう。

1 スーパー駐車場内からの発進
「駐車場には相当数の車両が駐車しており,家族連れを含む買物客が駐車場内を行き来している状況」であることから,加害車両運転者9:被害者1の過失割合となりました。
(東京地判平成15年7月29日)

2 商店街の駐車場内の通路における事故
「駐車場の駐車車両と商店街との間の通路であり,その幅員が約5mである」として加害車両運転者9:被害者1の過失割合となりました。
(東京地判平成24年2月14日)

3 サービスエリアの駐車場内の通路における事故
サービスエリアも車両のみならず,歩行者の往来の多い場所です。
そのため車両の過失が大きいとされますが,「漫然と通路を横断した」として,車両が頻繁に通行する通路を斜め横断した被害者にも過失が大きくなる可能性もあります。
その結果として加害車両運転者8:被害者2の過失割合となりました。
(東京地判平成19年11月28日)

4 郊外型ショッピングモール駐車場内の通路における事故
被害者の過失も認められる場合でしたが,本件では,加害者が「度重なる違反歴で免許停止処分を受け,本件事故当時,運転免許停止中であった等から」100%の過失を認めて,歩行者に対する過失相殺を行うことは相当でないとしました。
(京都地判平成19年10月9日)

5 パチンコ店の駐車場内での転倒後の轢過事故
歩行者が仮に事故と無関係に転倒したとしても,車両の往来には,注意する義務があるようです。
転倒した状態で被告乗用車に左手足を轢過されたとする60歳女子につき,轢かれることのないよう速やかに体勢を立て直す等の措置を講じるべきであった等から,過失を20%と認定しました。(注:車両には80%の過失)
(名古屋地判平成21年2月27日)

駐車場(トラックステーション)内で運転手である歩行者と大型貨物車の衝突事故
駐車場(トラックステーション)内で運転手である歩行者と被告大型貨物車の衝突につき,「トラックステーション内では人より車両が優先であるかのような主張」は到底採用できないとし,ステーション内でも社屋との行き来することの多い場所で進行方向への注意を怠った被告の過失割合を90%と認めました。
(札幌地判平成21年12月21日)

7 開店直後のパチンコ店駐車場内での歩行者と低速走行車両の接触事故
車両と人の往来で混み合う状況で,低速で走行したとしても,車両の責任は重いとされます。
歩行者10%,車両90%とされました。
(大阪地判平成22年11月16日)

8 病院駐車場内の自動車と車いすの衝突事故
車いすで病院に来た高齢夫婦がバックした自動車が衝突して,その自動車が損傷した賠償を請求された事案です。「車いすは道路交通法上は歩行者と同様に保護されるべきものとされており(道路交通法2条3項1号),また,被告は高齢者であったこと」から高齢夫婦の過失は5%となりました。
(東京地判平成23年10月21日)

 

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

 

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。