子供がいない夫婦の相続は、遺言書を上手く使って争族対策を

32 read.
b9b2235eb22dbdb47db43c47b62a73f1_s

 相続税の法定相続分で、被相続人に子供がいなくて配偶者と被相続人の兄弟姉妹(その兄弟姉妹が既になくなっている場合は、その甥と姪)が相続人となります。

 そしてその場合の法定相続分は、配偶者が4分の3、被相続人の兄弟姉妹が4分の1となります。

 つまり、配偶者が財産の全てを相続すると書かれている遺言書がない場合、遺産分割協議書等の書面で財産を分けることとなります。それと被相続人の預貯金口座から引き出すときには、相続人全員の印鑑が必要となります(遺産分割協議書の提出若しくは呈示する必要)。

 兄弟姉妹が既に亡くなっていて甥や姪がその代襲相続人となっていて、その甥や姪と親しい付き合いがなかったら、財産の4分の1をよこせと言われても仕方がありません。

 そのようなトラブルから逃れるためにも遺言書をあらかじめ作成しておき、「配偶者に全財産を相続させる」旨を記載しておけば、兄弟姉妹、甥や姪には遺留分(最低限財産をもらえる権利)がないので、スムーズに配偶者に財産を残すことができます。

 これも一つの相続(争族)対策となりますのでご検討をしてみてください。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。