相続:会社が利用している土地を相続するのですが?

33 read.
yachin

よくある質問ですね。

亡くなったご親族(被相続人)が会社を経営していて、土地を貸している。この土地は相続でどうなるのか?

結論は、特定同族会社事業用宅地として80%減額評価します。

要件としては、被相続人等の持株割合が50%超の同族会社の事業用の宅地等を、申告期限までにその同族会社の役員である親族が取得し、引き続きその宅地等を所有し、その同族会社が申告期限まで事業を営んでいる場合は、80%の減額が認められます。
要は、亡くなった方が経営者であり持分が50%超の会社に貸し付けていた土地を、事業を引き継いだ親族が相続した場合は、特定同族会社事業用宅地として80%減額評価出来るというものです。

この制度も前2回ほどコラムに書いた、「小規模宅地等の減額特例」の一つです。
質問の会社に貸している土地ばかりではなく、親族の事業を引き継いだ場合、生計を一にする親族が自分の事業用の土地を相続した場合、も適用できます。

これらの「小規模宅地等の減額特例」を「特定事業用宅地等」と言います。

この特定事業用宅地等と貸付事業用宅地等及び特定居住用宅地等は重複適用できます。
面積要件もあります。

特定事業用宅地面積×200㎡/400㎡+特定居住用宅地面積×200㎡/330㎡+貸付事業用宅地面積≦200㎡
です。小規模宅地等の減額特例は、
特定事業用宅地等のみの場合は面積上限が400㎡
居住用宅地のみの場合は330㎡
貸付事業用宅地等のみの場合は200㎡です。

組み合わせると上記の式のようになります。
組み合わせ方法については、土地の路線価等、面積の配分など、ケースバイケースで変わってきます。専門家に相談することが賢明ですね。専門家に相談する際は、早めに相談し、いろいろなケースでシミュレーションをされることが相続税の節税に繋がります。

弊所でも相続税の事前のシミュレーションやご相談を受け付けております。口頭での簡単な相談は無料です。是非ご利用ください。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。