離婚の話し合いをしていますが、親権者でもめています。親権者はどうやって決まりますか?

208 read.
461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_m

1 離婚後の親権

 日本の法律では、婚姻中は両親の共同親権ですが、離婚時には一方を親権者と決めなければならない(単独親権といいます)ことになっています。

 しかし、どちらも自分で育てていきたいという場合、親権者の指定を巡って深刻な争いになることがあります。

 海外では、離婚後も共同親権の制度を採っている例もありますが、日本ではどちらかに決めなければならず、大変悩ましい事態になります。

2 親権者の決め方

 夫婦間で離婚の合意ができていても、親権者をどちらにするかについての合意ができていない場合には、話し合いで離婚届を提出することはできません。この場合には、家庭裁判所に離婚調停の申立てと合わせて親権者指定の申立てをすることになります。

 調停での話し合いがまとまらず、離婚訴訟に至ったときは、裁判所は離婚の請求を認める場合には、親権者を指定することになります。

 裁判所が親権者を指定する場合には、一概にどちらという基準はありませんが、ポイントになる点を紹介します。

3 親権者指定の基準 

 親の側の事情として、【1】監護体制の優劣(経済状態、住環境、家庭環境、教育環境、監護補助者の有無など)、【2】子に対する愛情・監護意欲、【3】心身の健康などです。

 子の側の事情としては、【1】子の年齢、心身の状況(子が幼いほど母親が親権者になる傾向があります)、【2】環境の継続性(今いる環境を変えない)、【3】子の意思(15歳以上の場合は、子の意見を聞くことになっています)などです。

 一つ一つが絶対的基準ではなく、裁判所もいろいろな事情を総合的に考慮して決めています。

4 親権者とならなかった場合の子との面接交渉

 親権者とならなかった親も、子に虐待などのない限り、子に面接する権利があります。

 ただ、両親は離婚を選択するまでにはいろいろな事情がありますので、非親権者に対する感情も複雑で信頼感を失っていることも多く、相手の権利だからといって子と面接することを簡単に受け入れられるものではありません。場合によっては、試行的面接交渉を行いながら、信頼関係を徐々に作り出していくことが必要です。

 当事者だけでは難しいときは、家庭裁判所の調停を利用したり、FPIC(面接交渉の手助けをしてくれる民間団体です。但し費用がかかります。)などを利用して、スタートして実績を重ねていくことが重要です。

 なお、養育費の支払をきちんとしていくことは、信頼構築の重要な要素ですので、この点は忘れないようにしてください。

 

******************************************

 

 離婚や親権といった問題は深刻な争いになってしまう場合もありますので、お困りの場合には、一度弁護士にご相談されることもご検討ください。

 調停は、あくまでも話し合いの場ですが、弁護士は当事者の言い分を法律的に整理して裁判所や相手方へ伝えていきます。また、訴訟に至った場合には、弁護士は、上記基準の観点から事実関係を法律的に整理して、親権者としての適格性を裁判所に主張・立証していきます。

 

  西東京共同法律事務所では離婚や親権等に関するご相談は随時受け付けております。ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。