交通事故による死亡慰謝料の一般的な基準はどのようになっていますか。また,その基準を超えるような金額を認めた裁判例はありますか。

401 read.
Gentle Exercise

裁判例で,いわゆる赤い本の基準に従った慰謝料額となることがほとんどです。
その基準については,1をお読み下さい。
しかし,時として基準を超える死亡慰謝料が認められることがあります。
一般的には,以下の様な場合には増額事由とされています。
(1)加害者の過失が重大であったり事故態様が悪質な場合
例えば,飲酒運転,ひき逃げ,速度超過,信号無視,居眠り運転,無免許運転,わき見運転等
(2)加害者の事故後の態度が著しく不誠実な場合
証拠の隠滅は当然ですが,単に謝罪や見舞いをしなかった,あるいは責任を否定したとの一事を持って増額事由とすることは慎重にならざるを得ず,常識に反するような対応をしたなどの著しく不相当な場合に限られるとされています。(「交通損害関係訴訟」青林書院 佐久間邦夫・八木一洋編著 p93より)

 いわゆる赤い本(損害賠償算定基準 日弁連交通事故相談センター東京支部編)での基準はどうなっていますか

いわゆる赤い本での死亡慰謝料基準は,以下のとおりとされています。
[1]一家の支柱 2800万円
[2]母親,配偶者 2400万円
[3]その他 2000~2200万円

なお,[3]その他は,独身男女,幼児,高齢者が該当します。
しかし,これは一応の目安で具体的な事由で増減があり得るとされています。
[1]一家の支柱 [3]その他 では,上記の基準を超える裁判例が出ております。

2 [1]一家の支柱について基準を超える裁判例にはどのようなものがありますか。

以下のとおりのものがあります。
なお,それぞれ年月日(平成),裁判所,金額(被害者年齢)です。
⑦以外は,いずれも,男性が被害者です。

① 15年3月27日 東京地裁判決 3600万円(62歳)
加害者が酩酊の上で高速道路を走行したという危険極まりのない重大事故の場合でした。

② 16年9月8日  名古屋地裁3200万円(24歳)
飲酒かつひき逃げという場合です。

③ 18年8月21日 札幌地裁 3200万円(38歳)
判決は明言をしていませんが,被害者が外資系会社員で高額所得者であることから,慰謝料で調整をしたものと考えられます。

④ 16年10月28日東京地裁 3000万円(50歳)
一家の支柱に加えて全身不随で意識は清明という極めて悲惨な状態のまま、5年後に死亡したという極めて精神的苦痛が大きい状況であったことが理由と考えられます。

⑤ 13年2月28日 神戸地裁 3100万円(57歳)
ひき逃げであり,その悪質性から妻が相続放棄をしているものの固有の慰謝料300万円を含めて総額で上記の金額を認めました。

⑥ 22年5月26日 大阪地裁 3500万円(32歳)
加害運転者が,恒常的に居眠り運転過重労働状態であり,その勤務する加害会社が居眠り運転の事実を隠そうとした悪質さが考慮され,本人2800万円,妻500万円,子二人各100万円の合計3500万円が認められました。

⑦ 17年7月12日 東京地裁 30200万円(49歳 女性兼業主婦)
娘が9歳の時に離婚し,以降娘が17歳になるまで扶養してきたことから本人分2600万円,娘分400万円の合計3000万円を認めました。

3 [3]その他について赤い本の基準を超える裁判例にはどのようなものがありますか。
これは,独身男女,幼児,高齢者が該当します。なお,それぞれ年月日(平成),裁判所,金額(被害者年齢)です。

①15年7月24日 東京地裁 3400万円(1歳)
加害者が酩酊の上で高速道路を走行したという危険極まりのない重大事故の場合でした。

②17年6月23日 千葉地裁 3200万円(28歳)
飲酒かつひき逃げという場合です。

③17年6月27日 大阪地裁 3100万円(17歳)
被害者に過失がないこと,大学進学を控えていたことから本人固有慰謝料2200万円を認め,その上で事故の真相解明に努力した両親に各400万円,妹に100万円の固有慰謝料を認めて合計3100万円としたものです。

④17年3月22日 青森地裁二戸支部 3100万円(7歳)
公刊されている範囲での資料が入手できないため詳細は不明です。

⑤12年3月31日 東京地裁 3000万円(事故時18歳・死亡時24歳)
事故により植物状態となった後に約5年後に死亡したことをも考慮すれば,被害者自身の無念さはもちろんのこと,母子家庭である介護等のための母親の労苦も甚だ大なるものがあったものとして,被害者本人の慰謝料として金2,800万円,母親固有の慰謝料として金200万円の合計3000万円を認めたものです。

⑥19年9月19日 東京地裁八王子支部 2800万円(8歳)
指定最高速度を大幅に超過して運転していたことが本件事故発生の大きな原因であるというべきであるとして慰謝料増額事由として考慮されました。

⑦15年6月4日  名古屋地裁 2401万円(76歳)
被害者(男性)が,脳卒中で倒れた妻の介護・リハビリ・家事を手伝っていた事案で本人分2000万円,妻200万円,子3人各67万円として合計2401万円を認めたものです。

⑧18年3月10日 大阪地裁 2200万円(91歳)
過剰な輸血と輸液という医療過誤との競合を認めた場合です。

 

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

 

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。