上下肢に可動域制限が残った場合の後遺障害はどうなりますか。

265 read.
a0002_004143

手足(上下肢)に関して,可動域制限つまり動かない,動きが悪くなった場合には,その程度によって1級,5級,6級,8級,10級,12級となります。
なお,併合となる場合は,それに応じた等級となります。

1 後遺障害等級の概要はどうなっているのでしょうか。 

手足つまり上肢・下肢の関節機能障害,つまり可動域制限が生じた場合の等級は次の様になっています。

1級 =両上(下)肢の全廃
 →両上肢の全廃は1級4号,両下肢の全廃は同6号

5級 =1上(下)肢の全廃
 →1上肢の全廃は5級6号,1下肢の全廃は同7号

6級 =2関節の用廃
 →1上肢3大関節中の2関節の用廃は6級6号,1下肢は同7号

8級 =1関節の用廃
 →1上肢3大関節の用廃は8級6号,下肢は同7号

10級=1関節の著しい機能障害
 →1上肢3大関節については10級10号,下肢は同11号

12級=1関節の機能障害
 →1上肢3大関節については12級6号,下肢は同7号

2 上肢,下肢の3大関節とは何でしょうか。 

上肢は,肩・ひじ・手(首),下肢は,股・膝・足(首)です。
6級,8,10,12級でいう1関節とは,その3大関節の1つという意味です。

3 全廃,用廃,著しい機能障害,機能障害とはどういう意味でしょうか。 

全廃,用廃,著しい機能障害,機能障害という障害の段階が等級を格付けする基礎となっています。

(1)全廃とは
上肢については3大関節(肩関節・ひじ関節・手関節)のすべてが強直し,かつ,手指の全部の用を廃したものを言います。
上腕神経叢の完全麻痺の場合も含みます。
下肢については3大関節(股関節・膝関節・足関節)のすべてが強直したものです。
なお,足指が全部強直しても別途評価による等級の繰り上がりはありません。

(2)用廃とは
正確には,(3大)関節の「用を廃したもの」ということになります。

用廃とは,
a. 関節強直 
b. 関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの
c. 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち,その可動域が健側の可動角度の1/2以下に制限されているもの

☆ 関節強直とは可動域の著しく制限された状態を言いますが,全く消失したものを完全強直,わずかながら残存するものを不完全強直と言います。

☆ 関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの「これに近い状態にあるもの」→他動では可動するものの,自動運動では関節の可動域が健側の可動域角度の10%程度以下となったものをいう。とされています。

(3)著しい機能障害とは
 障害のある側の可動域が健側の可動域の1/2以下となったものを言います。

(4)(単なる)機能障害とは
 障害のある側の可動域が健側の可動域の3/4以下となったものを言います。

 

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。