高次脳機能障害とは何ですか。その場合の「介護」には特徴がありますか。

2,867 read.
399e69c3525561f2b96e69ef89f348e4_m

外傷性脳損傷による後遺障害で重要なものは,高次脳機能障害です。
高次脳機能障害による介護は脊髄損傷や肢体不自由における介護とは状況・内容が異なっています。

1 高次脳機能障害とは

 高次脳機能とは,学術的には,言語,行為,認知,記憶,注意,判断などの働きを意味しており,
高次脳機能障害とは,それらの働きの障害である失語,失行,失認,健忘,注意障害,判断障害を指しています。

 自賠責保険の認定では,明確な定義を設けてはいませんが,
 脳外傷後の急性期に始まり多少軽減しながら慢性期へと続く,次の特徴的な臨床像であるとして,
 典型的な症状として「多彩な認知障害,行動障害および人格変化」としております。

2 高次脳機能障害は見えにくい

(1)認知症のような高次脳機能障害はまれ
 外傷性脳損傷後に高次脳機能障害になる方は数多くいます。
救急救命医療の発展が多くの命を救う一方で高次脳機能障害を残す被害者は,確実に増えています。
そして,高次脳機能障害というのは高齢者に見られる「認知症」を連想されるかもしれませんが,そのような場合はむしろ少なく,一見すると健常者と見間違えることが大半です。
しかし,一般的で言う意思疎通ができなくなったり,孤立をしてしまったり,自己抑制ができない行動をしてしまうと言う事例も多くあるのです。

(2)人格変化・行動障害も高次脳機能障害
 外傷性脳損傷になっても,身体に麻痺等の障害が残る例ばかりではありません。無い場合も多くあります。
また,日常生活の身体的介助が必要な例ばかりではなく,不要な場合がほとんどです。
 しかし,事故前と人格が変わってしまった,忘れやすくなった,怒りっぽくなったという例が実に多くあります。
脳をめぐる科学の進歩はめざましいものがあります。その中で,私たちの脳には,社会的な営みをするための神経ネットワークが存在されることが分かってきました。
社会脳(social brain)といわれています。
高次脳機能障害として,ギャンブル依存,性的耽溺,破廉恥な言動に見られる人格変化あるいは行動抑制障害は,この「社会脳」の損傷と考えられ始めています。
ところが,人格変化あるいは行動抑制障害は,一時的なものと考えられたり,場合によれば,家族さえも以前からそういう人格や性向だったのではないかと誤解することもあります。その意味では障害として見えにくいと言えます。

3 高次脳機能障害の後遺障害等級

(1)認定の資料は
 高次脳機能障害となると,仕事や日常生活に支障が生じてきます。
その障害の程度に応じて等級が定められています。
その判断の基礎となる資料は,日常生活状況報告書と神経心理学検査データです。
そして,それらの資料に基づきて能力を4分野にわたって段階評価をして,総合的に判断さらます。

(2)4分野の能力とは
 4分野の能力とは意思疎通能力・問題解決能力・作業負荷に対する持続力,持久力・社会行動能力(協調性等)です。
なお,意思疎通能力には,記銘・記憶力,認知力,言語力等が,また,問題解決能力には,理解力,判断力等が入ります。
この4分野の能力は,社会人として日常生活と労働をするために必要なものです。

(3)具体的な等級の認定は
 4分野の能力について障害の有無と程度によって6段階で評価します。
それらから,3級から14級までの格付けがされます。3級は労働能力が100%ないと言うことになります。
そして,3級以上のものについて,介護の有無・程度によって,次のステップとして介護に関する判断がなされるのです。
すなわち,自賠責保険基準で言えば,1級が常時介護,2級が随時介護,3級が介護必要なしです。

3 高次脳機能障害の介護とは

 介護という言葉の定義は,どうしても食事・排尿,排便・入浴等における身体介護と結びつきやすいものです。
だが,高次脳機能障害は,コミュニケーションがとれない,疲れやすい,怒りやすい,火をつけっぱなしにする,詐欺に遭いやすい,一人でいるとパニックになる,等々の症状から身体介護とは「介護」の様相が異なるものです。
そこで,介護を「見守り」とか「寄り添い」と考えるようになってきています。
その結果,自賠責基準における認定等級と異なる介護内容が訴訟,あるいは交渉段階でも認められる場合が多くあります。例えば,等級は2級あるいは3級であるものの,常時の「見守り」が認められる等です。また,5級,7級であっても随時での「見守り」が認められることもあります。

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

 

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。