後遺障害の被害者請求と事前認定の違いは何ですか。

440 read.
8a988ac3d7c414912187a89e4132917b_m

1 後遺障害とは
交通事故で,治療をしたにもかかわらず,身体や精神の不調が残ってしまった状態を後遺症と言いますね。
その症状に対する損害賠償を請求するには,手続きによって後遺障害と認定をされなければなりません。
その点からは,後遺障害とは後遺症の中でも賠償の対象として認定されたものと言うことができます。

2 後遺障害の認定は誰がするのか
それは,実際には損害保険料率算出機構及びその下部機関である自賠責調査事務所が行います。但し,いわゆるJA共済だけは自分のところで行えることになっています。

ところで,自動車保険は自賠責保険と任意保険との2階建てになっています。
認定は自賠責調査事務所が行うのですが,窓口は自賠責保険会社(共済)となっています。

3 被害者請求とは
後遺障害の認定手続きを被害者自身が自賠責保険会社(共済)を窓口にして行うことです。
これは,仮に治療期間の支払いを任意保険会社(共済)が一括払いをしていたとしても,後遺障害認定は自分でやりたいと言うことであれば,それも可能です。

4 事前認定とは
後遺障害の認定手続きを治療段階から一括払い対応していた任意保険会社(共済)が,その流れの中で,そのまま引き続いて行うことです。

5 どちらがいいのでしょうか
事前認定のよいところは,被害者にとって手間のかからないところです。
ある意味では,任意保険会社(共済)へのお任せですみます。
しかし,後遺障害診断書の記載内容によっては,認められるはずのものが認められないこともあり得ます。
通常は,事前認定で任意保険会社(共済)の担当者に,そこまでの気配りをすることは期待できないと思います。
また,後遺障害が認定された場合に等級に応じた自賠責保険金が出るのですが,事前認定では,任意保険会社(共済)が押さえた状態となります。
その上で,示談交渉をすると言うのは,結構プレッシャーがかかるかもしれませんね。

被害者請求は,被害者の手間はかかります。診断書,診療報酬明細書あるいは画像等の個人情報に関わる情報を自分で動いて集めなくてはいけません。
しかし,弁護士等の専門家と相談することで,後遺障害診断書の記載内容等で残念な結果になるリスクは低くはなると言えます。
また,後遺障害等級によっては訴訟をすることも考えられます。
被害者請求によれば,自賠責保険金は事前認定とは違って被害者の手元に入ります。
そうすると資金として,訴訟をする余裕が出てくると言うことが言えます。
但し,等級によっては,あるいは,過失割合によっては自賠責保険金控除後の損害賠償金が実際に多くはない可能性があります。最悪ゼロと言うこともあり得ます。

それらの点から,常に被害者請求がいいとも言いきれません。
したがって,その点を含めて弁護士と相談をすると言うことがよろしいかと思います。

 

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。