自賠責保険と任意保険の関係,そして一括払い制度とは何ですか。

393 read.
resize

1 自賠責保険と任意保険は建物で言う2階建て構造です。

自動車保険は一般に自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険は,強制保険とも言われています。必ず加入しなければなりません。

これに対して,任意保険は自由です。

両方の保険に入っている場合には,あたかも2階建ての建物と似た構造です。

1階が自賠責保険とすると,2階が任意保険になっています。

そこで,損害賠償額の自賠責保険金を超えた部分を任意保険がカバーするのです。

 

2 自賠責保険金額と,それを超えた場合はどうですか。

2階建てということからも,おわかりのように損害賠償額の自賠責保険金を超えた部分を任意保険がカバーするのです。

任意保険に入っていないと,損害額が自賠責の範囲を超えてしまうとすると,被害者も,そして加害者も困ったことになってしまうのです。

症状が固定するまでの治療期間を傷害部分といいますが,この自賠責保険金額は,120万円です。それを超えた部分を任意保険がカバーするのです。

 

3 一括払い制度とは何ですか。

既に申し上げたとおり,自賠責保険と任意保険は2階建て構造です。

その点に加えて,任意保険商品のほとんどが損害保険会社(共済)から加害者に対する示談代行付のものとなっています。そのために,事故発生当初から損害保険会社(共済)が治療費の支払いに関わり,また被害者である,被害者との交渉の窓口となっているのです。

 

そして,その示談代行の中で,任意保険会社が,自賠責保険分を含めて,事故当初から治療費等の支払をする制度です。自賠責保険と任意保険の手続きを一括して行うために言う,いわば業界用語と言えます。

任意保険会社は,先行して支払った賠償金を,後日自賠責保険金から回収します。

これに対して,任意保険会社が,一括払いすることを拒否した場合には,被害者請求をして被害者自身が自賠責保険金から回収することになります。

 

4 一括払い制度は誰のためですか 。

被害者の一括払い制度におけるメリットとしては煩雑さが省けることにあります,

しかし,その反面では保険会社のメリットは治療施術内容等の情報を把握でき賠償の見通しが立ち,示談交渉等のペースを握ることができることにもなります。

これは,逆に言えば被害者にとっては,首根っこを押さえられる?ことにもなります。

この一括払いは,任意保険会社のサービスに過ぎず,支払いをしているからと言って,被害者との間にも,さらには病院といった医療機関,あるいは接骨院(整骨院)と任意保険会社との間に法的関係が成立するわけではないのです。

誰のためかというと,被害者のためと言うよりも示談代行付保険に加入している契約者である加害者のため,サービスという側面が強いとも言えます。

 

5 一括払いの拒絶とか,打ち切りとは何?

一括払いを拒絶されることは,被害者の過失が大きい場合,さらには,大きいと決まっているわけではないですが,過失の争いのある場合にあり得ます。

拒絶されたとしても,立て替えして,後日被害者請求する方法がありますので,あきらめないことです。

また,途中で,一括払いを保険会社打ち切りをすると言うことがよくあります。

今まで支払っていたのに,治療費も休業損害も打ち切るなってひどい,と思います。

しかし,この一括払いは,任意保険会社のサービスに過ぎないということが,この点でも影響します。

そうです。法的関係は最初からなく,保険会社からのサービスという事実関係なので,被害者としては甘んじて受けなくてはならないのです。

 

その対応としては,リスクを減らすために,仮に自由診療であったならば健康保険に切り替えるなどして,治療を継続する方法もあります。

しかし,問題は保険会社の打ち切りが,全く理由がないのかどうかです。

症状固定時期に来ていたのかもしれません。

治療をして頂いている医師・整骨院(接骨院)のみならず,弁護士にもご相談をして今後の方針を間違えないようにすることが重要です。

 

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。