『内助の功』相続税の改正!!家族への税負担を軽くする、かなり有利な規定とは?

204 read.
Gentle Exercise

じつは相続税においても配偶者の優遇規定があります!

今回は相続税上の配偶者控除の話を。

 

★相続税には、基礎控除っていう制度がありますがそれ以外に?

はい。まず基礎控除についておさらいすると、夫婦と子供2人の4人家庭で夫が亡くなった場合、相続人が3人なので、基礎控除額は8000万円、つまり相続する財産が8000万円までは相続税がかかりません。ただし、平成27年以降は、同様のケースで基礎控除額は4800万円となります。

 

★だいぶ税金が免除されるラインが下がりますね。

これまで一般的なサラリーマン家庭の場合、相続税が発生しないケースも多かったんですが、来年以降は多くの家庭で相続税を気にする必要が出てきます。

ただし、今回のテーマである配偶者の優遇規定もあるので、是非参考ください。

 

★具体的には?

配偶者については法定相続分あるいは1億6000万円のいずれか多い金額まで、財産を相続しても相続税がかかりません。つまり相続財産が1億円とした場合の今回のケースでは、妻の法定相続分は1/2ですから5000万円分の財産を相続しても相続税は課税されません。さらに、妻が財産全部を相続した場合でも、相続財産1億円は、1億6000万円以下のため、やはり相続税は課税されないことになります。

もちろん、夫でなく妻に先立たれたケースでも、この規定は残された夫にも適用されます。

 

★かなり有利な規定ですね?何でこういった規定があるんですか??

残された配偶者の生活の保障や遺産形成に貢献した内助の功などを配慮して設けられた規定です。

その他相続人が未成年者だったり障害者であったりする場合にも優遇規定があるので、詳しくは税理士に相談ください。

Linke公式Facebookページに是非「いいね」をお願いします!
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で士業士たちの最新記事を受け取れます。